言語の変更
English
Japanese
文字サイズの変更
標準
大

IT DASHBOARD

内閣官房 情報通信技術(IT)総合戦略室
最終更新日:2018/04/26

各府省においては、「世界最先端IT国家創造宣言・官民データ活用推進基本計画」(平成29年5月30日閣議決定)に基づき、情報システム運用等経費について、2013(H25)年度の予算を基準として3割削減を2021年度目途に実現するため、様々な取組を実施しているところ。本コンテンツは各府省で作成している削減計画の取組状況等を取りまとめたものである。

用語解説

関連:国・地方を通じた行政情報システムの改革

本コンテンツに記載している削減見込(率・額)は、今後の検討状況によって変動することがあります。

グラフを構成しているデータはCSVダウンロードボタンよりダウンロードすることができます。

  • 運用コスト削減状況(全体)
  • 情報システム別削減見込額推移
  • 観点別削減見込額

運用コスト削減状況(サマリー) サマリーの説明

世界最先端IT国家創造宣言(平成25年6月14日閣議決定)の目標

約4,000億円の情報システム運用等経費(2013年度予算)を2021年度目途に
3割減(-30%

政府情報システム運用コスト削減率(対2013年度比)(2018年4月26日時点)

最終年度(2021年度)の削減率(見込額)
-29.1%(-111,784百万円)
2016年度末までの運用コスト削減実績
-9.4% (-36,040百万円)

運用コスト削減状況の推移(政府情報システム全体)

削減額(見込額)と削減率の推移

グラフの説明
Loading...

政府情報システム別削減割合

※2013年度予算において、運用等経費が50億円以上の政府情報システムのみ内訳を表示しています。

削減後の運用コストの見込みと実績

Loading...

※PF移行予定システムの運用等経費は除く。

運用コスト予算額と整備経費予算額

Loading...

運用コスト予算額と整備経費予算額の対比

Loading...

運用コスト削減状況の推移(削減観点別等)

削減見込額と削減率の推移

グラフの説明
Loading...

※選択項目に額が記載されている情報システムは、2013年度予算で記載額に該当する政府情報システムであり、また、ここに掲載されている個別システムは、2013年度予算において、運用等経費が50億円以上の政府情報システムとなります。

削減観点別の割合

※削減観点については こちら をご参照ください。


用語解説

用語 解説
PF 「政府共通プラットフォーム」の略称。
PF移行予定システム 政府情報システム改革ロードマップ(2013(平成25)年12月26日各府省情報化統括責任者(CIO)連絡会議決定)でPF移行を予定しているシステムであり、政府情報システム改革ロードマップ(2017(平成29)年12月27日各府省情報化統括責任者(CIO)連絡会議決定)において、その方針に変更がないシステムのこと。
政府共通プラットフォーム クラウドコンピューティングをはじめとする最新の情報通信技術(ICT)を活用して、従来は各府省が個別に整備・運用していた政府情報システムを統合・集約するとともに共通機能を一元的に提供する基盤システムのこと。